歯科は予防するためにある:デントデンタルデンティスト

伝説と歯科の見極め

診察室

虫歯はどれだけケアしていても起こる可能性があるもので、一度もなったことがないという人の方が珍しいくらい日常的なものだったりします。
それゆえに幼少時からオーラルケアについて指導されるのですが、本気で取り組むのは虫歯になってしまった後、治療に苦労した後だという方が多いかと思われます。
そう、虫歯は治療すれば治すことができるものですが、今現在と昔とは方法が大きく異なっているのです。
昔はとにかく虫歯菌の付着した歯を削って、詰め物や被せ物をするために健康な部分までも削っていったのです。
しかも被せ物は多くは保険の適応内のものをかってに決められていたことが多く、治療が終わっても見た目が損なわれてしまっていることが多いのです。

今、医者にはどういった方法で治療をしていくか、詰め物や被せ物をどういった素材にするのかを確認する義務があります。
自分の好みを言うことができますし、希望に沿った治療をしてくれるのです。
一般的に使われていた銀歯は見た目が不自然ですし、腐食や変形がしやすいとデメリットの点が大きく、今、悩みの種になっている方もいるかもしれないです。
そんな時は改めて治療することも可能ですので、一度歯科医に相談することをおすすめします。
色々な治療法が始まっている中で、少しでも自分に合った、求めた治療をして元気な歯を取り戻したいものです。
ただし一部は保険の適応外になるので治療費が高くなりますが、それでも望む治療を受けられるのは幸せなことになるのです。