歯科は予防するためにある:デントデンタルデンティスト

歯を白くする

医療器具と男性医師

審美歯科での治療のバリエーションが広がるにつれて、歯を白くするホワイトニングや、銀色の詰め物をセラミックに交換する治療を受ける人が増加してきています。
歯の詰め物が銀色をしていると、人前で話をしたり、笑顔になったときに目立つ場合が多いものです。
最近では、歯の詰め物に使われている金属アレルギーが全身に与える影響についても議論されるようになり、こうした恐れのないセラミックが注目を集めています。
なかでも金属を使用していない「オールセラミックス」は、身体に対する負担が少なく、硬度があるため耐久性も高く、変色もしにくいとされています。
自分の歯のような光沢を出したり、透明感を出すなど、微妙な調整を行うことも可能です。

近年、セラミックによる修復がよりスムーズに行える「セレックシステム」が浸透してきました。
セレックシステムは、コンピューター制御で歯の修復物の設計を行うシステムで、ドイツで生み出されました。
3Dの光学カメラで歯のスキャンを行い、コンピューターの画面上で修復物を設計することが可能です。
このシステムでは歯型を作成したり、歯科技工所への依頼を行うことなく、その場で修復物を完成させることができます。
完成までの時間は1時間程度のため、スピーディに治療を行うことができます。
また、使用するセラミックブロックは耐久性に優れているため、詰め物が長持ちすることも大きなメリットです。
健康保険の適用にはなりませんが、素材の品質の高さと耐久性が魅力です。